アキュモード式でAMH値を改善

AMH(アンチミューラリアンホルモン又は抗ミューラー管ホルモン)は発育中の前胞状卵胞から分泌されるホルモンで、この値により卵巣にある卵胞の数が予測できると考えられています。

 

 

 
AMH値はあくまでも胞状卵胞数を調べるものですので、卵子の質に関してははまた別の問題になります。卵子の質が良ければ卵胞の数が少なくても問題なく自然妊娠出来ることもあり、また卵胞の数が多くても卵子の質が悪かったり卵巣機能の状態が良くなかったりすれば不妊となることもあります。

 

 

 しかし、卵子の数は年齢を重ねることやその人の体質や健康状態康によっては減ってしまい、卵巣の中の卵子が少なければ、やはりそれだけ妊娠の確率は低くなります。

 

 

卵子が適切に作られず、卵巣の卵子が無くなってしまうと妊娠は不可能になり、早い人では20代や30代でも閉経してしまう事もあります。

 

 

 また、AMH値を計ることによって卵巣年齢もある程度予測できます。実年齢が若くても卵巣年齢が高いと不妊の原因になります。

 

 

 AMHで卵巣年齢や自分の卵巣内の卵胞に含まれる卵子の数を予測し、その結果により体外受精や排卵誘発妊などの不妊治療など、適切な処置を進めていくことが出来ます。

 

 

AMHの値を高くするには?

 

 現在の医学ではAMHの値を確実に改善することは不可能と言われています。

 

 

しかし、卵巣の栄養状態が良くなるなど、卵巣や子宮の環境が良くなれば改善する可能性はあります。

 

 

実際に栄養や定期的な軽度の運動、生活環境の改善などによってAMH値を改善させた例も多くあります。

 

 

 卵巣に栄養や薬の効果成分を運ぶのは血管になります。口から接収する食べ物栄養分や薬の有効成分は身体の血流が良くなればより多く卵巣に送り込まれることになりますので血行を促すということは妊娠の上では非常に大切です。

 

 

  血、水、気の循環を促し身体の妊娠力をつけるという東洋医学に基づいて考案されたアキュモード式妊娠術は、この体全体の血流を改善するのに非常に効果的です。

 

 

ご自身でDVDとテキストに従って毎日、簡単な軽い習慣的な不妊改善法を行うだけで、血液や水分、リンパの流れなどを改善し、卵巣や子宮に栄養を呪文行き渡らせ、同時にAMH値の改善や不妊の原因となる疾患を改善して妊娠しやすい身体に作り変えていくことが出来るのです。

 

 

 多くの不妊症だった方が自然妊娠をすることが出来るようになった実績のあるアキュモード式妊娠術は、安全で体に良く、全額返金保証もありますので、現在不妊治療を行っている方でも実践してみることをお勧め致します。 

 

 

妊活生活にアキュモードのメソッドを取り入れることにより妊娠出来る時期がかなり早まる事が期待できます。

 


→アキュモード式不妊症改善セルフケアDVDお申し込みと詳しい説明はこちらから!

 

 

トップページ