アキュモード妊娠術婦人病への効果

アキュモード妊娠術の監修、作者である北村恵美子先生は婦人病改善の専門家でもあります。

 

 

北村恵美子先生の治療経験と豊富な知識によって生み出されたアキュモード妊娠術で、不妊症の原因になる多くの婦人科疾患を改善することが出来ます。

 

 

婦人科疾患が不妊の原因となってしまう例としては、子宮筋腫・内膜症や黄体機能不全などがありますが、これらは着床障害を引き起こし、不妊の原因となります。

 

 

子宮筋腫は軽度の小さい筋腫のものも含めますと成人した女性では20〜30%、40代女性では3人に1人が持っているとも言われ、決して珍しい病気ではありません。

 

 

子宮筋腫があっても自然妊娠できることも多いのですが、子宮内腔という子宮の内の月経を起こす部分に出来る粘膜下子宮筋腫と言われる状態の筋腫は子宮腔内まで突出しており、受精卵の着床の妨げになってしまいます。

 

 

こうなってしまうと、せっかく精子と卵子が受精出来ても、この受精卵が着床出来ず妊娠が出来なくなってしまいます。

 

 

また、子宮筋腫があるにもかかわらず着床できたとしても、子宮が筋腫のために硬くなっていたり収縮しやすくなっている事もあるために流産してしまうこともあります。

 

 

子宮筋腫の症状としては月経時の出血量が多くなったり、生理痛、腰痛、下腹部痛などが見られますが、症状の強さには個人差がありますので見過ごされることも多いようですので、特に妊活中は婦人科検診を受けることをおすすめします。

 

 

子宮内膜症は子宮の内側に増殖する子宮内膜に似た組織が 卵管、卵巣、腹腔などに発生してしまう病気で、子宮内膜症による出血は、その血液が大概に排出されずにその場で炎症を起こしたり癒着を起こしてしまいます。

 

 

特に子宮内膜症が卵管にできてしまうと卵管障害を引き起こし、子宮の筋層に出来てしまうと子宮腺筋症となって着床障害を引き起こしてしまい、不妊の原因となります。

 

 

 

 黄体機能不全は子宮内の成熟を促して受精卵を着床させやすくする黄体ホルモンの分泌が悪くなる事で、黄体ホルモンが減少すると子宮内膜が成熟せずに受精卵が着床しづらくなってしまいます。

 

 

アキュモード式妊娠術では東洋医学に基づいた安全な方法でこれらの子宮筋腫・内膜症、卵巣のう腫、黄体機能不全、無排卵、月経不順、激しい生理痛、PMSなどの改善が期待出来ます。

 

 

子宮の問題と婦人科疾患を、元々体が持っている自然治癒力を引き出す事により治していくのです

 

 

北村先生の考案されたアキュモード式妊娠術では心と体をHolistic(ホリスティ身体全体の自然治癒力や免疫ック=心と体は一つの存在であるという考え)にとらえ、誰しもが持ち備えている体本来の力を高めていき、いろいろな症状をひとつずつ改善させながら、 本来あるべきバランスのとれた元気な身体の状態にしていくのです。

 

 

アキュモード式妊娠術 北村恵美子の不妊症改善トップページ