アキュモード式妊娠術によって改善の効果が期待できる不妊症の種類

 

 一般的に言われる不妊症とは、妊娠を望んでいる夫婦が避妊をせずに性交渉を定期的に続けていても、3年以上子供に恵まれない状態であるという、一種の症候群の事をいいます。

 

 

そして、一口に不妊症といっても、その中にはいろいろな分類があります。

 

 

アキュモード式妊娠術によって改善が期待できる不妊症の種類としては、

 

 

1.子宮内膜の障害によるもの(子宮筋腫、子宮内膜症など)

 

 

2.卵管の障害によるもの(炎症などによる閉塞症、癒着症など)

 

 

3.頸管の障害(頸管無力症など)

 

 

4.間脳-下垂体-卵巣系、内分泌系等によるものによるもの(無月経、無排卵症、黄体機能不全など)などがあります。

 

 

アキュモード式妊娠術では、これら女性の体に関わる問題を、血の巡りを良くし、体全体から効果的に健康にしていく東洋式の安全な方法で改善していきます。

 

 

また、アキュモードのエクササイズには女性側だけではなく男性側が原因である男性不妊の改善にも効果があります。

 

 

不妊の原因は主に女性にあると思われがちですが、不妊の原因に関する調査では女性側 40% 、男性側40%、不明20%または女性側33%、男性側33%、不明34%というデータがあり、それぞれの調査によって多少の差はあるものの、男性側にも女性と同等の確率で不妊の原因があると考えられています。

 

 

この事からも不妊改善は夫婦を1単位として考えていく事が大切です。

 

 

男性不妊の主な原因としては性交障害、精子路の障害、精子形成障害などがありますが、体の機能を高めるということにおいてはアキュモード式により元気な精子を育てる効果が望めます。

 

 

アキュモード式妊娠術は、このように多くの様々な不妊の原因に対して効果が望めますが、病院での不妊治療が必要となるような不妊治療の場合においても、アキュモード式は病院での西洋式治療や薬での不妊治療と併用していく事が可能であり、これにより双方の相乗効果が期待出来るだけでなく、薬による治療の副作用の軽減にも効果があります。

 

 

また、不妊の原因として見過ごせないのがストレスによるものです。女性は特にホルモン系統が左右されやすいため、過度の緊張や不安は月経が不順にさせたり卵管を収縮させたりして、不妊の大きな原因になります。

 

 

 アキュモード式妊娠術は自分で自宅で好きなときに行えるため病院での治療のようなストレスは無く、診察のたびに課金されるような経済的ストレスも全くありません。(更に効果が見られなかった場合のプログラムの全額返金保証もあります。)
アキュモード式によるストレスを軽減するためのエクササイズや、心理療法などのコンテンツも不妊の大敵となるストレスからの開放に役立つでしょう。

 

 

 

 

アキュモード式妊娠術 北村恵美子の不妊症改善トップページ