東洋医学による不妊改善の柱 気・血・津液について

アキューモード妊娠術と東洋医学について

 

アキューモード妊娠術は主に東洋医学に基づいています。

 

.東洋医学でいう『気・血・津液』は簡単に言うと

 

「体中のエネルギー・血液・体の水分」です。

 

気が足りない、つまり西洋医学で言う「体力が無い状態」では活動的なエネルギーの不足や、倦怠感、を伴い頭痛や肩こり等体の不調にも現れてしまいます。

 

 

この状態を東洋医学では「気虚と言いますが、気の流れを良くして体に活力を与えることが大切です。

 

 

アキュモード式妊娠術で「気虚」を解消し体中の臓器のパワーを呼び起こし、本来の働きを最大限に発揮させていきます。

 

 

また、血が足りないことを東洋医学では「血虚」と呼びますが、女性は、毎月生理による出血があるため男性より血が不足しがちです。

 

血虚をそのままにしておくと、経血量が減ったり、 生理の期間が短くなったりなどの問題が不妊の原因になります。

 

 

津液とは、人体内の正常な水分のことで、体を潤すことで、臓腑、筋肉、毛髪、粘膜を潤し、関節の働きを円滑にしますが、傷津と呼ばれる津液が不足した状態になると、体内の水を処理できなくなってしまい身体の色々な所に水がたまってしまう湿邪と言う状態になってしまいます。

 

 

湿邪はむくみや糖尿病、腎炎、体のだるさなどを引き起こしますが、もちろん健康な妊娠の妨げにもなります。

 

 

アキュモード式妊娠術はこれら「気・血・津液」を正常な状態に改善していくことによって元気!」になって不妊症を克服する、副作用の無い安全で自然な妊娠術なのです。

 

 

先進医学(西洋医学)は、薬などで対処療法は出来ますが、その人に「赤ちゃんを授かる力」が足り無ければそれらの治療もあまり意味がありません。

 

 

アキュモード式妊娠術では、体のバランスを良好にして排卵・着床・胎児の育成・出産をスムーズに行なえる
「赤ちゃんを授かる力」を引き出していきます。
 
 

 

 

アキュモード式妊娠術 北村恵美子の不妊症改善トップページ