東洋医学による不妊改善の特徴と方法

アキュモード式妊娠術の不妊改善方法メソッドの軸になっているのは東洋医学ですが、その効用と、病院等で行う西洋医学による不妊治療と考え方の違いはどのようなものでしょうか。

 

 

西洋医学の治療法は主に器質の異常に対して行います。

 

 

排卵障害の原因となる物理的な卵管のつまりや排卵誘発剤の使用による排卵障害の改善などです。

 

 

 

また人工授精、体外受精、顕微鏡受精などの、人の手で受精を行う生殖補助医療も西洋医学の分野になります。

 

 

これに対して、東洋医学の得意とする分野は機能的異常を改善します。

 

 

体の冷えによる子宮、卵巣の機能低下、それによる卵子の質の老化、生理不順、基礎体温での高温期の持続が見られない事や、精子の活動量や数の減少などそれぞれのそれぞれの機能が正常にと働くようにバランスを整えたり、ストレスを取り除いたりしていきます。

 

 

不妊治療といいますと一般的には西洋医学的治療を指すことが多いのですが、西洋医学の治療を施しても不妊が改善しない場合でも、東洋医学的治療による改善が期待できます。

 

 

 不妊であっても西洋医学で異常の見られない場合は、西洋医学の治療では改善が不可能になってしまいますが、東洋医学的治療で改善できる可能性があるのです。

 

 

 

 アキュモード式妊娠術は東洋医学のアプローチにより、自分自身でツボ押し等を行い、体の機能を高めることが出来るプログラムです。特に器質的異常が見られ内にもかかわらず不妊が続くようであれば、アキュモード式のような東洋医学的治療を行なっていく事で、自然妊娠の可能性が高まります。

 

 

 また、西洋医学での治療は排卵誘発剤などの薬による治療が主になって来ますので、薬による副作用などのリスクもありますが、東洋医学の方法にはそのようなリスクはなく安全です。

 

 

また、西洋医学の治療に東洋医学の治療を併用していくと、西洋医学の薬による副作用の症状を軽減する事も出来るのです。

 

 

 不妊改善には西洋医学、東洋医学それぞれ得意分野が異なりますが、両方を併用して行うことも可能ですので、病院での西洋医学による不妊治療を行いながら、自宅でアキュモード式妊娠術を実践していただければ、不妊改善により高い効果が期待できるでしょう。

 

 

 

 

トップページ