クロミッドの副作用を回避して妊娠を促すことが出来るアキュモード式

特に病院でタイミング療法や人工授精といった不妊治療を受けていらっしゃれば不妊排卵誘発剤であるクロミッドを使用されている方も多いでしょう。

 

 

 

不妊の原因が排卵障害であるような場合、クロミッドを服用することによって安定した排卵を得ることが期待できます。

 

 

排卵が正常に行われますと自然妊娠の確率が上がるだけでなく、排卵周期が安定することにより排卵日の予測精度が上がりますので、不妊治療においてはタイミング療法や人工授精での妊娠の確率を上げる事ができます。

 

 

 また、クロミッドは脳下垂体に作用し、FSH(卵胞刺激ホルモン)やLH(黄体形成ホルモン)の分泌を促す事により卵胞を育てる効果があります。

 

 

 

 このように不妊の改善には大きな効果があり、不妊治療を受けている多くの方が利用されているクロミッドですが、薬ですのでやはり副作用もあります。

 

 

 

 

気をつけなければならない副作用としてはクロミッドの一定期間の服用によって、精子を子宮まで到達させる割を果たす「頚管粘液」が減少する恐れがあります。

 

 

この頚管粘液が減少すると精子が頚管を通り抜けにくくなってしまいます。 

 

 

 また、子宮内膜が薄くなるという副作用の危険もあります。

 

 

このように頚管粘液の減少や子宮内膜が薄くなるようなことがあると逆に妊娠の確率を下げてしまうという逆効果のおそれがあるのです。

 

 

 そのため、医療機関ではクロミッドの処方は1日1錠5日間というのが基本になっていますが、服用後あまり効果が見られないような場合2錠から3錠まで増やすこともあります。

 

 

しかし日本の社会保険では一日2錠までが保険適用範囲ですので3錠を超えると自費で薬代を払わなければなりません。

 

 何より量を増やせばそれだけ副作用のリスクも高まりますので、クロミッドの処方は一日1錠に抑え、その他の方法で黄体ホルモンの分泌や排卵の安定を図るのが望ましいと言えます。

 

とは言え、他の薬を服用すれば更に副作用のリスクが高まってしまうこともあり、危険です。

 

そこで注目されるのが東洋医学による方法です。

 

 ツボ押しやマッサージ、鍼灸や漢方による治療は薬の副作用を回避しつつ一定の不妊改善効果を上げることが出来るとして、現在では婦人科の8割がこれらを治療に取り入れています。
 
アキュモード式妊娠術はこのような副作用が無く、効果的な東洋式の不妊改善法です。しかもご自身で行えるので治療を進めて行く上での追加費用もかからず、いつでも都合のよろしい時に行っていただけます。

 

 現在病院での不妊治療を受けていらっしゃる方にも更に妊娠の確率を上げる方法として、安全なアキュモード式妊娠術を取り入れていただくことをおすすめいたします。

 

 

 

 

アキュモード式妊娠術 北村恵実子の不妊症改善トップページ