高齢出産におけるアキュモード式の効果

女性が35歳以上で子どもを産むことを統計上または医学上では、高齢出産として扱います。

 

 

 

高齢出産には様々な妊娠出産におけるリスクの割合が少なからず上がってしまうこと、体力的に子育てに肉体的な負担が大きくなってしまうこともありますので、早い年齢での妊娠出産であることは、それだけリスクも少ないといえます。

 

 

一般に30歳を超えた頃から年齢が高まるほど卵子の質が劣化し、妊娠しにくくなります。

 

 

 

しかし、アキュモード式では40代の女性でも、子宮を20代前半の女性並に若返らせ、妊娠する為の体力・スタミナを増強させていきます。

 

 

これにより、、実際アキュモード式妊娠術を実践された方の中には40歳以上での妊娠出産に成功され、健康な赤ちゃんを授かったなどの実例も数多くあります。

 

 

 

他にも高齢出産のリスクとしては、卵子の劣化、老化による、染色体異常などが起こりやすくなることがあり、これによりダウン症の発症率の増加などのリスクもありますが、ダウン症の発症率の統計は20代の発生率が0.1%、35歳以降は0.3%、40歳以上で1%となっております。つまり40歳で出産の場合ダウン症発症祥の確立は1/100という事です。

 

 

 ですので必ずしも高齢出産イコール染色体異常等のリスクというわけではありませんし、高齢出産は、精神的、経済的に余裕が出来た状態で子育てができるケースも多いなど、必ずしもデメリットばかりではありません。

 

 

 高齢出産といわれる年齢に達していましても、体や精神的にに負担無く実践出来るアキモード式妊娠術で健康な赤ちゃんを自然妊娠により授かることが出来た方も大勢いらっしゃいます。

 

 

 

 アキュモード妊娠術の特典として回数無制限のメールによるサポートもありますので高齢出産に対するご相談のみならず、経験豊富なスタッフから妊娠出産に対する様々な不安や悩みのアドバイスも受けられますので何より明るい気持ちで自信を持って妊娠出産に望んでいただければと思います。

 

 

アキュモード式妊娠術 北村恵美子の不妊症改善トップページ