妊娠しやすい体型は?

妊娠しやすい体型や不妊になりやすい体型ってあるのでしょうか?

 

 

 

実は極度の肥満、反対に痩せ過ぎは不妊の原因になることがあります。

 

 

肥満の人が不妊になる原因とは?

 

 

 

PCOS(多嚢胞(たほうのう)性卵巣症候群

 

 

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)とは、卵巣の中にたくさんの卵胞ができてしまい排卵が上手く出来なくなってしまう状態です。

 

 

妊娠に関係の深い女性ホルモンに卵胞ホルモン(エストロゲン)があります。卵巣ホルモンは主に卵巣から作られますが、体の脂肪組織の中にも作られます。

 

 

 

 肥満になるとこの脂肪組織が増え、それに伴い卵胞ホルモンも過剰に作られることによりPCOSになったり、卵巣から分泌される卵胞ホルモンが抑制されてしまうことにより排卵が抑えられてしまいます。

 

 

 

多嚢胞性卵巣症候群は、排卵がおこりにくいことによる月経不順や無月経、男性ホルモンの分泌など妊娠に好ましくない状態を引き起こします。

 

 

 

 

卵子が育ちにくくなる

 

 

肥満により大きくなった脂肪細胞はたんぱく質の一種であるアディポネクチンの分泌を減らしてしまいます。

 

ディポネクチンの分泌が減ると卵巣の皮が分厚くなり 卵子が育ちづらくなったり排卵障害の原因になるのです。

 

 

 

痩せすぎの人が不妊になる原因とは?

 

 

 

痩せ過ぎの人の場合は肥満の場合とは逆に脂肪が少なすぎるため、妊娠に必要な女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が少なくなってしまいます。

 

 

女性ホルモン値が低くなってしまいますとホルモンバランスを崩し、無月経・無排卵にもなり、不妊の原因になります。

 

 

 

 

 

過度なダイエットも不妊の原因に

 

 

肥満で妊娠しづらいということでダイエットをするのは良いことですが、過度なダイエットは栄養のバランスが悪くなったり、逆に痩せすぎによる不妊になってしまう恐れもあります。

 

 

特にタンパク質や適度な脂肪は妊娠に必要ですので、極端な食事制限によるダイエットなどはやめましょう。

 

 

最も妊娠がしやすいBMI値は「22」と言われ、太り過ぎでも痩せ過ぎでもなく適度な体型(ちょっとぽっちゃりな女性らしい体型)を目指したいものです。

 

 

アキュモード式妊娠術は適度な妊娠に適した体型作りにも役立ちます。

 

 

アキュモード式妊娠術はツボ押しやマッサージ、ストレッチなどのエクササイズにより体の代謝を高め体温を上げる効果があり、女性ホルモンの分泌を促すとともに無理なく適度なダイエット効果が望めます。

 

 

毎日アキュモード式を習慣的に実践することにより、体の機能や代謝を高め、自然妊娠を促すとともに健康的で適度な体型作りにも大いに役立ちますので、是非毎日続けてみてください。

 

 

 

アキュモード式妊娠術トップページ