基礎体温が全体的に低かったり、冷え性なために妊娠できないのではないかと心配される方も多いようです。

実際に体温と妊娠の関係はどのようなものか、また低体温の改善はどのようなことに気を付けでばよいかという事について考察していきます。

 

 

低体温症とは?

 
体温には若干の個人差はありますが、健康な人の体温は大体37℃前後に維持されています。

 

 

体温を測るとそれよりやや低い36℃前後という数値が出るのは、体温を測る場所が体の深部ではなく表面部分であり、外気の影響も受ける事によるものです。

 

 体温が35℃以下であれば、低体温症である疑いがあり、不妊だけえではなく健康上様々な問題が生じる恐れがあります。

 

 

また、低体温症まで行かなくても基礎体温が36℃未満の比較的低い場合には、不妊の原因になる事もあります。

 

 

体温が低いと妊娠しにくい?

 

 

冷え性や基礎体温が低めの人が必ずしも妊娠できないというわけではありません。

 

もともと体温が低めだったり低体温賞気味でも、自然妊娠により出産された方も多くいらっしゃいます。

 

 

しかし低体温が不妊の原因になる事はすくなからずあります。

 

 

体温が低い人が妊娠しにくいといわれる理由には、次のようなものがあります。

 

 

1.血流が悪くなっている

 

体温が低い人は体の血の流れが滞っているという事が考えられます。

 

血流が悪いと子宮への栄養や酸素が届きずらくなり受精卵の育ちが悪くなったり、子宮の働きが低下する恐れがあります。

 

 

2.ホルモンバランスの乱れ

 

基礎体温が低い場合、ホルモンバランスの乱れが考えられます。女性ホルモンの分泌が正常でないと排卵がうまくいかなかったり健康な卵子が育ちずらくなってしまうことがあります。

 

 

3.排卵日がわかりにくくなる

 

体温が低くて低温期と高温期の差がわかりずらいと、排卵日が把握できず、タイミング法を正しく行うのが困難になります。

 

タイミングを合わせずらいと妊娠の確率もそれだけ低くなってしまいます。

 

 

 

冷え性を改善し、基礎体温を正常にすることは妊活では大事。

 

 
妊娠の確率を高めるためにはまず、体温を上げる努力をしましょう。

 

 

低体温は甲状腺の障害など病気が原因である場合を除けば、生活習慣の見直しである程度改善出来ます。

 

 

無理なダイエットは避け、定期的な運動、しょうがやネギなどの根野菜や発酵食品など、体を温めるといわれる食材を多く取り入れた食事を心がけましょう。

 

 

冬などは特に体を冷やさない服装にしましょう。

 

 

定期的な運動は代謝や血流を高め体を温めてくれます。運動によって筋肉が増加すればさらに血流が良くなり、体温を高めに保つことが出来るようになります。

 

 
喫煙されている方は妊活の機会に頑張って禁煙する事をおすすめします。

 

 

たばこは血管を収縮させて血流を妨げてしまい、体温を下げてしまうなど、様々な不妊の原因となることがあります。

 

 

 また、アキュモード式DVDのエクササイズを行うと次第に体が温かくなってくるのが実感できます。

 

 

 DVDの内容を全て実行するのが大変であれば、「忙しい人のための5分間エクササイズ」だけでも毎日行うことにより、血流が促されて子宮周辺に栄養が行き渡り、妊娠の確率を高めてくれます。

 

 

アキュモード式妊娠術トップページ